Alex Schleifer

最高デザイン責任者

アレックスはAirbnbの最高デザイン責任者で、ユーザー体験、インサイト、コンテンツ、プロダクションデザインという複数のチームを率いています。10代で共同設立した Sideshowは、世界中のさまざまなクライアントのためにデジタル作品を作成し、賞を受賞しています。2011年にSay MediaがSideshowを買収すると、アレックスはデザイン責任者となり、デジタル出版を再定義する一役を担いました。

同時期、UX Magazineを共同設立。同社はまたたく間にユーザーエクスペリエンスデザインの権威となりました。アレックスは、美しく魅力的なデジタルプロダクトの作成に情熱を注ぎ、デジタルプロダクトをとおしてストーリーの伝え方や人と人とのつながりのあり方を変革しようとしています。

< Airbnbについて