Chris Lehane

グローバル政策&広報担当上級副社長

クリス・レヘインはAirbnbグローバル政策&広報担当上級副社長です。世界中の政策立案者たちと連携して、自宅をシェアして収入を増やそうとする市井の人々の権利を守る常識的なアプローチ実現のため、Airbnbでの業務を指揮しています。また、地元ならではの、ほかでは体験できない本物の旅ブランドの価値をコミュニティおよび消費者に伝えるAirbnbの取り組みも監督し、人々の間の信頼と誰もが暮らすようにできる旅をAirbnbとしてどのようにサポートしているかを伝えるためのイニシアチブも指揮しています。Airbnbに入社する前は、政治、企業、テクノロジー、エンターテインメント、プロスポーツなどのクライアント向けに戦略的なコンサルティングを提供してきました。1990年代にはクリントン政権下でさまざまな役職に就き、アル・ゴア副大統領の報道官やビル・クリントン大統領の特別法務補佐官、アンドリュー・クオモ住宅都市開発長官の参事官も経験。本の執筆を行い、映画の共同プロデューサーとしての顔も持ち、スタンフォード大学経営大学院で経営学も教えています。レヘインはアマースト大学とハーバード・ロー・スクールをそれぞれ卒業。現在は、アマースト大学の評議員や、子どもの健康促進を目的とした非営利組織コモン・センス・メディアの諮問委員、AT&Tにて学習向上のための教育テクノロジー推進に取り組むアスパイア・アクセラレーターなども務めています。人権問題専門の弁護士である妻のアンドレアと息子2人(ドミニクとクインシー)とともに、サンフランシスコで暮らしています。

< Airbnbについて