Fred Reid

グローバル輸送部長

フレッド・リードはカリフォルニア州サンフランシスコに誕生。1歳の時にエチオピアに移住し、そこで10年を過ごしました。帰国後、カリフォルニア大学バークレー校に入学。1973年に南アジア研究とインド文明で学士号を取得しました。

1976年、パンアメリカン航空に入社。航空業界でキャリアをスタートさせました。1976年から1987年にかけて、サウジアラビア、イギリス、バーレーン、インド、フランスにおいて、営業、マーケティング、空港運営、労働関係の各部門を歴任。1987年、アメリカン航空に移籍。1991年まで、イギリスのロンドンでヨーロッパセールス&マーケティング担当マネージングダイレクターを務めました。

1982年にBusiness Centers International(ニューヨークとバーレーンにオフィスを開設)を共同設立。1983年まで最高経営責任者を務めました。Business Centers Internationalは時代を先取りした、シェアオフィススペースの運営会社でした。

アメリカン航空とBusiness Centers Internationalを経て、ルフトハンサドイツ航空に移籍。1991年から1998年の間に上級副社長、エグゼクティブ副社長、そして最終的には社長兼最高運営責任者まで登りつめ、世界的大手航空会社初の外国人社長となりました。フレッドは91か国で、25000名の従業員、260機の航空機の運営、計画、マーケティングのすべて、および90億ドルの収益に対して責任を担いました。

1998年には最高マーケティング・計画責任者としてデルタ航空に入社。2001年から2004年にかけて、6万名の従業員を抱える会社で社長兼最高運営責任者として140億ドルの収益に責任を担いました。

2004年には、リチャード・ブランソン卿により、ヴァージン・アメリカの創業最高経営責任者に任命。フレッドは本事業の立ち上げに最初から参加し、米国の投資家とヴァージングループから1億7700万ドルの出資金を集めて、経営陣と600名の従業員を採用しました。2007年8月8日、ヴァージン・アメリカが運行を開始。技術、機内サービスと機内エンターテイメントで多くのユニークで革新的なサービスを提供。北米航空として最も多くの賞に輝きました。

2008年から2012年まで、ボンバルディアの傘下企業、Flexjetの社長を務めました。会社のあらゆる部門を統括し、卓越した運用健全性、業界トップのメンテナンス基準、世界クラスのパイロット研修で定評のあるジェット機を85機を運用していました。

2012年にはグローバルホスピタリティ業界のテクノロジーと革新的な製品に特化した初のベンチャーキャピタルThayer Venturesに注力、創業者の一人として現在もリミテッドパートナーを務めています。

2015年から2018年にかけて、キティ・ホークの一部門、Cora Aircraft Program(cora.aero)の社長を務め、Cora Aircraftの運営と各種認証取得を担当し、ニュージーランドでの商業認証取得と運行開始を実現させました。

2019年1月、Airbnbのグローバル輸送部門責任者に就任。世界中でAirbnbの名を知らしめている「人と人が触れ合うホスピタリティ」を実現させながら、シームレスな旅を実現するパートナーシップやサービスの構築に注力します。

2008年から2012年まで、Flexjet、ヴァージン・アメリカ、AMB Property Management、The Solomon Guggenheim Foundation、Lufthansa Service Groupなどの企業で、取締役会のメンバーを務め、現在は、世界最大の航空会社向けケータリング会社、Gategroupの取締役の社外メンバーに就任。

プライベートでは、カリフォルニア州セバストポル近くにある敷地面積40エーカーのりんご農園で、妻のNicoleさんと3人の息子たちとの時間を楽しんでいます。

< Airbnbについて

Airbnbニュースルームの最新情報や発表内容をメールで受け取る.

Airbnbプレスルームからメールを受け取り、Airbnbの個人情報保護ポリシーに従って個人情報が取り扱われることを了承していただきます。これらのメールは本文の配信停止リンクからいつでも解除できます。

ニュースレターの言語設定または地域を変更するには、こちらのフォームを提出する前に言語を選択してください.

ご登録ありがとうございます!

登録する Error