Airbnb、ラグビーワールドカップ期間中の宿泊者数が前年同期比1.5倍の65万人と発表

2019年11月8日(日本時間)世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームの Airbnb (本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:Airbnb、日本語名:エアビーアンドビー)は、11月2日に閉幕したラグビーワールドカップ2019の開催期間中に全国での宿泊者数が前年同期比約1.5倍の65万人となり、12開催地でAirbnbを利用した宿泊者数が同じく前年同期比で2倍以上となる110%増の37万人であったことを発表しました。

ラグビーワールドカップ2019(9月20日〜11月2日)はこれまでの大規模スポーツイベントと同様に世界中から注目され、沢山の海外旅行者が日本を訪れました。今回発表するラグビーワールドカップ2019の結果データによりAirbnbホストが日本の観光に大きく寄与していることが明らかになりました。

ラグビーワールドカップ2019の成功と収益が地域に還元されるよう、Airbnbは「イベント民泊」の実施をサポートしました。Airbnbでは12開催地のうち5地域(大分県**、釜石市、熊本県、神戸市西区・北区、東大阪市:50音順)で「イベント民泊*」を実施しました。12開催地に限った際のAirbnb宿泊者数は、前年同期比で2倍以上となる 110%増 の 37万人で、ホストの収益も前年同期比 108%増でした。

ラグビーワールドカップ期間中の海外からの旅行者の出発地は145ヵ国、8,894都市に及び、特にイングランド、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、カナダ、アイルランドなど大会参加国からの宿泊者数が顕著に増加しました。

ラグビーワールドカップは試合会場の内外で大きな成功を納めており、世界中の旅行者に日本の素晴らしさをアピールするとともに、観光業界にとっても継続的な効果をもたらしています。イベントの成功にAirbnbの地域コミュニティも大きく貢献できたと考えています。

 新たな宿泊施設を建設することなく自身の保有するお家や部屋を活用することで、釜石市や熊本県の「イベント民泊」ホストは多くの観光客をもてなし、地域や日本をサポートし、地域経済やコミュニティに多大な貢献をしたといえます。Airbnb Japanの代表取締役田邉泰之は、以下のように述べています。「今後予定されている大規模イベントに向け、Airbnbは日本の観光業界がさらに成長し、多様化するための役割をつとめサポートを継続してまいります。」

*「イベント民泊」とは、行政が住民に住宅の宿泊施設としての提供要請を行うことによって、大規模イベント開催時など、多くの旅行者が訪れる際に行う、宿泊施設の不足を補うための臨時措置です。要請を受けた住宅は、イベント民泊実施期間中であれば、簡易宿所の営業許可や特区民泊の認定などの許認可がなくても住宅宿泊を営むことができます。

**大分県は「農村民泊」を期間中「イベント民泊」として代替

Airbnbニュースルームの最新情報や発表内容をメールで受け取る.

Airbnbプレスルームからメールを受け取り、Airbnbの個人情報保護ポリシーに従って個人情報が取り扱われることを了承していただきます。これらのメールは本文の配信停止リンクからいつでも解除できます。

ニュースレターの言語設定または地域を変更するには、こちらのフォームを提出する前に言語を選択してください.

ご登録ありがとうございます!

登録する Error