Airbnb Athlete Travel Grant Olympics Paralympics Airbnb Athlete Travel Grant Olympics Paralympics

アスリート、オリンピアン、パラリンピアンおよび出場を目指す選手に経済的な支援を行う、「Airbnbアスリートトラベル助成金」を発表

Airbnbは、2019年11月に発表されたワールドワイドオリンピックパートナーシップの一環として、国際オリンピック委員会(IOC)が支援する「Airbnbアスリートトラベル助成金」を開始することを発表いたします。この新しいプログラムでは、今後8年間にわたり、トレーニングや大会出場資格の取得、遠征の宿泊等に利用できる、1人当たり最高2,000ドルのAirbnbプロモーションクレジットを年間最大500名のアスリートに提供していきます。このパートナーシップ期間中の直接支援は、合計800万ドルに相当します。

「IOCとの協力関係において、Airbnbは、オリンピックおよびパラリンピックのムーブメントの中心である個々のアスリートへの献身的なサポートに焦点を当てています。何千ものアスリートがすでにトレーニングや大会出場資格の取得、大会参加のための遠征にAirbnbを利用していることを踏まえると、この新しいプログラムは、高いニーズのある経済支援を追加提供することにつながります」

Airbnbグローバルホスティング責任者
キャサリン・パウエル

Airbnbは、これまでにもコミュニティが経済的活動を行えるよう長年支援してきました。新型コロナウイルス感染症による困難な状況下において、Airbnbにおけるホスティングは、何千人ものホストにとって重要な収入源となりました。その中には、コロナウイルスの感染拡大が始まってからご自身のお部屋を宿泊先として掲載したホストも含まれており、ホスティング収入の合計額はすでに10億ドルを超えています。Airbnbの中心にはホストがいるように、オリンピック・パラリンピックの中心にはアスリートがいます。このプログラムでは、多くのアスリートが世界的な感染症拡大の影響を受けていることを認識し、Airbnbがこれまで行ってきたアスリートへの大会前後の遠征や宿泊のサポートをさらに広げていくことを目的としています。

「私たちはすべての関係者と連携し、オリンピック・ムーブメントの中心であるアスリート、そしてアスリートのキャリアをあらゆる段階でサポートを行ってきました。ワールドワイド公式パートナープログラムやオリンピックソリダリティのおかげで提供される資金や多様なプログラムに加え、私たちはTOPパートナーと協力してアスリートを支援する革新的なプログラムの開発に携わっています。Airbnbと共に、オリンピアン・パラリンピアンによる体験プログラム、そして今回新しく加わった「Airbnbアスリートトラベル助成金」が実現したことをとても誇らしく思っています。これら2つの取り組みを通じて、アスリートは独自の収入源を得ることができ、さらにAirbnbのオリンピック・ムーブメントとのパートナーシップからの直接的なメリットを受けることができるのです」

IOCアスリート委員会
カースティ・コベントリー委員長

AirbnbとIOCおよびIPCとのパートナーシップは9年間にわたるもので、5つのオリンピックおよびパラリンピックを網羅することになります。AirbnbとIOCは、「TOPパートナープログラム」の一環として世界中のアスリートやスポーツを支援することに重点を置いており、これまでにスポンサーシップ全体のうち4,000万ドルをアスリートへの直接的な支援に充ててきました。この4,000万ドルはAirbnbアスリートトラベル助成金だけではなく、以下のようなアスリートに焦点を置いた取り組みの資金源にもなっています。

オリンピアン、パラリンピアンによる体験

AirbnbとIOCは世界中のアスリートに新たな収入源を提供するため、2020年にIOCがTOPパートナーと結ぶ最大級かつ長期間のアスリートサポートプログラムである、「オリンピアン、パラリンピアンによるオンライン体験」のカテゴリを立ち上げました。これらの体験は、スポーツや運動の促進と同時に、アスリートが自分の情熱やスポーツについてAirbnbのオンライン体験プラットフォームを通じてゲストと直接共有する機会を設けることで、アスリートが収入を得る方法を提供しています。昨夏、東京2020大会が延期された際、Airbnbは2020年7月に「オリンピアン、パラリンピアンによるオンライン体験『サマーフェスティバル』」を開催しました。このフェスティバルでは、世界中の200人以上のアスリートがオンライン体験を実施し、参加した世界中のファンにオリンピックおよびパラリンピックの精神を広めることにつながりました。

パラリンピアンのためのアクセシビリティに配慮したな宿泊施設

Airbnbは、パラリンピアンおよび出場希望者のニーズに合った最大8,000件の宿泊施設を直接サポートする形で投資を行っていきます。さらにAirbnbは、アクセシブル・ツーリズムを促進するうえで重要な役割を果たしており、IPCおよびパラリンピアンと緊密に連携を取り、アクセシビリティに配慮した宿泊施設の供給における改善に尽くすだけでなく、認知を高め、インクルーシブ(包摂的な)な社会の促進に努めます。

オリンピアン、パラリンピアンを応援するプロモーションクレジット

オリンピックやパラリンピックの夢を追いかけるためには多額の旅費や遠征費が必要となりますが、Airbnbは、オリンピアン、パラリンピアンが自身の最高レベルで競技を行うことに集中できるよう、これらの費用の一部を負担することを通じて貢献します。また、IOCまたIPCとのパートナーシップにより、期間中に開催される5つのオリンピックまたはパラリンピックの各大会に出場した全ての選手には、その功績を称えてAirbnbから500ドルのプロモーションクレジットを受け取ることができます。

アスリート、オリンピアン、パラリンピアン、出場希望者を対象とした2021年 Airbnb アスリートトラベル助成金への申し込みは、こちらから可能です。応募は2021年5月14日(金)午後11時59分(太平洋標準時)※5月15日(土)午後4時59分(日本標準時)に締め切りとなります。毎年、IOCのメンバーは、主に各個人の応募書類に記載されたパーソナルステートメントをもとに、応募者の中から最大500名を選出します。また、受賞者の多様性を確保するために、応募者の居住地や競技種目も考慮されます。また、オリンピックソリダリティ奨学金の受給者は優先的に考慮されます。利用規約が適用されます。