Airbnb、世界的な旅行需要の変化に対応する 全サービス機能50件以上のイノベーションとアップグレードを発表、同時に、変革する新しい旅行傾向を公開

Airbnb 2021 Winter Release graphic with square puzzle pieces featuring different home illustrations

〜より宿泊先が見つかりやすい柔軟な検索機能、高度な翻訳機能、Airbnbホストのための便利な機能がさらに追加〜

世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:Airbnb、日本語名:エアビーアンドビー)は、米国時間11月9日、Airbnb 2021冬季アップグレードを発表、今後さらに変化する旅行者のニーズに対応するための50件以上に及ぶ各種イノベーションとアップグレードを追加致します。同時に、海外5か国で実施した7,500人の消費者調査を発表し、現在グローバルで見られるAirbnbでの旅行実態について明らかにしました。

■全サービス機能50件以上のイノベーションとアップグレードにより、世界的な旅行需要の変化に対応

私たちは、この新しい旅のあり方と旅行需要に対応するために、常にサービスを改善しています。本日、以下をご紹介します。

  • Translation Engine
    これまでにない先進的な翻訳テクノロジーを導入
  • アクセシビリティ機能・設備チェック
    アクセシビリティ対応の機能や設備の内容が100%正確であるかどうかAirbnbが確認
  • さらに柔軟な検索
    最大12か月先まで検索して、さらにユニークな宿泊先を見つけることが可能に
  • 確認済みWi-Fi速度
    新しい測定ツールの導入で、リスティングのより正確なWi-Fi通信速度が確認可能に
  • よりスマートな「旅行」タブ
    旅行に必要なすべての詳細を一箇所にまとめた「旅行」タブのデザインを一新
  • 「スーパーホストに質問しよう」の拡張
    新規ホストと地域に住むスーパーホストをマッチングする機能を導入。経験豊かなホストから個別のサポート

そのほか46のアップグレードを行います。

当社では今年5月、Airbnbサービスのあらゆる側面を改善するために100件以上のアップグレードを行いました。さらに今回、Airbnb 2021冬季アップグレードとして、50件以上の追加が実施され、ホストのみなさんの運用業務をサポートし、変化し続けるゲストのニーズを捉えることがより容易になります。

世界では、私たちの生活と働き方に大いなる変革が起こりつつあります。Zoomのようなテクノロジーは、自宅での作業を可能にし、またAirbnbはどんな家からでも仕事をすることを可能にしています。この新たに気づくことになった柔軟性は、私たちの移動方法を革命的に変えました。何百万人もの人々が、より頻繁な旅行、より長い旅行、より多くの場所への旅行、さらにはAirbnbで好きなところに暮らすことができるようになったのです。実際、9月末の時点で、予約された宿泊日数の20%は1か月以上の長期滞在であり、半分近く(45%)は少なくとも1週間の滞在でした。

Airbnbの共同創業者兼CEO ブライアン・チェスキーは以下のようにコメントしています。

「Airbnbにとって、2021年はコアサービスを精緻化するための革新を探求し続けた年でした。Airbnb 2021冬季アップグレードにより、今年は150件を超えるアップグレードとイノベーションを実現しました。 私たちのデザイン主導のアプローチは、この変化する世界に適応するためにサービスを絶えず改善していることに他なりません。 何百万人もの人々がいつでも、どこでも、どんな長期間に渡っても旅行が可能で、Airbnbで好きなところに暮らすことができる時代になりました。 これは旅行革命なのです。」

Translation Engine

国境を越える旅行が回復してきた現在、Airbnbの新しい翻訳機能によって、60以上の言語でホストとゲストにシームレスな体験を提供します。Translation Engineが、リスティングの説明やレビューを自動翻訳するので、都度ボタンをクリックして翻訳する必要がありません。評価の高い機械翻訳評価会社でAirbnbの上位10言語について翻訳の品質調査を実施したところ、Translation Engineの翻訳を通して、99%以上のAirbnbのリスティングの質が上がったと報告されています。Translation Engineは、何百万ものAirbnbデータポイントを使用して翻訳を改善しているため、新しいコンテンツから学習することで、時間の経過とともにさらにスマートになります。

アクセシビリティ対応の機能・設備チェック 

Airbnbは掲載されているリスティングにおいて、障害者コミュニティにとって更なるアクセシビリティ機能の正確さを確認するために、業界最高水準のアプローチを開発しました。ホストはアクセシビリティ対応の機能や設備写真を送信するだけで、Airbnbの専門チームの人の目で確認されます。これまでにAirbnbでは、世界中の25,000のリスティングで100,000のアクセシビリティ対応の機能や設備の正確性を確認しています。

確認済みWi-Fi速度

高速で信頼性の高いWi-Fiは、これまで以上に重要です。実際、今年のAirbnbのゲストは、Wi-Fi検索フィルターを2億8,800万回以上使用しています。ホストはAirbnbアプリから自身のリスティングのインターネット接続をテストし、Wi-Fiの速度を確認することができます。このアップグレードにより、オンライン会議システムやお気に入りのストリーミング番組も確実に利用することができます。

さらに柔軟な検索 

当社では今年の初めに「柔軟な検索」機能を導入しました。これは、旅行先や旅行日程に柔軟に対応できる、Airbnbを検索するまったく新しい方法です。それ以来、ゲストは「柔軟な検索」機能を5億回以上使用しています。この機能が高頻度で使われることから本日、検索できる日付範囲を6か月から12か月に拡大することで、さらに柔軟になりました。また、「柔軟な検索」機能を拡張して、人里離れた暮らし、スキーイン・スキーアウト、Luxe、風変わりな家、の4つの新しいカテゴリのユニークな滞在を追加しています。

よりスマートな「旅行」タブ

旅行に必要なすべての詳細を一箇所にまとめ、「旅行」タブのデザインを一新しました。

よりスマートで直感的なタブには、到着までの便利なカウントダウン、チェックインの詳細、現在および今後の予約、およびパーソナライズされた体験の提案が含まれるようになりました。計画に費やす時間を減らし、目的地を楽しむ時間を増やします。

「スーパーホストに質問しよう」の拡張

新規ホストと地域に住むスーパーホストをマッチングする機能を導入。経験豊かなホストから個別のサポートが受けられるようになりました。

「スーパーホストに質問しよう」という機能で、ホスティングに関心のある人と、最も経験豊富なホストのうちのひとりが繋がり、1対1のヒントを得ることが出来ます。機能開始以来、60,000人以上の未来のホストが「スーパーホストに質問しよう」機能を使用しています。今回のアップデートで、「スーパーホストに質問しよう」は196か国の30を超える言語に拡大します。未来のホストは、場所、言語、リスティングに基づいてスーパーホストとペアリングできるようになりました。追加の利点として、スーパーホストはリスティングページを完成させるためのヒントを提供し、最初の予約が成約するまで付き添ってくれます。

日本国内では、多くのホストが活躍していますが、新型コロナウイルス感染拡大時期(2020年3月12日〜今年9月30日)に新たにAirbnbのホストとして活動を始めた方々の収入の合計が、約2,580万米ドル(約29.3億円)となり、この期間平均一人あたり約9,400米ドル(約107万円)以上の収入を得ています。

アクセシビリティ対応機能・設備チェック、確認済みWi-Fi速度、さらに柔軟な検索、「スーパーホストに質問しよう」は、本日からすべての人にご利用いただけます。Translation Engineとよりスマートな「旅行」タブは、今年末までにリリースされます。


■Airbnb利用傾向で見える新しい時代の旅行の変革(注1)

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活や働き方を変え、私たちの旅の仕方に大きな変化をもたらしました。それは数千万人の人々を、特定の場所で特定の時間に働く必要性から突然解放したことで、私たちは今ではどこからでも仕事をし、いつでも旅行し、より長くどこかに滞在するようになってきました。オンライン会議システムのようなテクノロジーが自宅での作業を可能にした一方で、Airbnbを活用することでどこでも仕事ができるだけでなく、最終的にはどこにでも暮らすことが可能になってきたと言えます。

ここ数ヶ月、世界の大手企業のいくつかは、従業員がリモートで作業するための柔軟性の向上を発表しており、より多くの企業がそうした大企業と同様のことをすると思われます。

当社が5か国で実施した7,500人の消費者調査(注2)では、次のことがわかりました。

  • リモートないし時折リモートで働く社員の3分の1以上(38%)が、フルタイムで働くオフィスでの仕事に戻らなければならないなら、仕事を辞めたいと答えています。
  • 全回答者のほぼ3分の2(63%)が、雇用主にもっと柔軟性を期待するようになったと述べています。
  • 3分の1は、パンデミックが収束したのち、感染拡大以前よりも頻繁にリモートで仕事しながら、別の場所に住むことになると述べています。
  • 回答者の大多数は、旅行が増えそうな機会を次のように捉えています:繁忙期を避けた時間帯(55%)や期間(53%)、長い週末(55%)、そして計画は立てず気が向いた時(53%) 。
  • 3分の1以上(37%)が、より長期滞在する旅行をするだろうと答えています。

実際、パンデミック以降、当社のゲストの利用状況を見ると、これらの調査結果を裏付けていることがわかります。人々はますますAirbnbで暮らすように旅をしていると言えます:

  • 当社を利用した滞在の20%は1ヶ月以上の滞在です。当社の創業以来、もっともAirbnbでの長期滞在の比率が高くなっています。
  • 世界中の200の場所で、すでにAirbnbで暮らしている方々がいます。
  • これらの場所でのゲストの宿泊の30%は、長期滞在向けの場所です。
  • 数十以上の場所に特定してみると、最近の予約日数の少なくとも50%が長期滞在でした。これらには、バンコクやプーケット、ブエノスアイレス、サンフランシスコ、バージニア州のアーリントンが含まれます。
  • ニューヨークとロサンゼルスでは、最近の予約日数のほぼ半分が長期滞在でした。
  • 過去1年間で、10万人以上のゲストが少なくとも3か月間、Airbnbに継続的に滞在しています。これらの10万人のゲストの約半分は、旅行中に複数の当社リスティングを利用しました。
  • 仕事の第一線から退いた可能性の高い60〜90歳のシニア世代の方々をみると、他のどの年齢層よりもAirbnbでの長期滞在を利用しています。

また、旅行傾向として、以下のこともわかっています:

  • Airbnbで予約された予約日数のほぼ半分(45%)が少なくとも1週間の滞在、ですが2年前に1週間の滞在を予約した規模は38%でした。
  • 家族単位で、平日に旅行をしていることがうかがえます。世界的に、月曜日と火曜日の予約数が最も増加しています。
  • 米国では、長めに週末をとる3〜4日間の長期滞在が、2019年の同時期に比べて3分の1増加しました。

ペット同伴とWi-Fiは旅行に必須なものに

旅行者が宿泊先を検索する際に欠かせないものはWi-Fiとワークスペースであり、リモートワークがより一般的になるにつれて、キッチンとともに「どこでも暮らす」上で重要なものです。しかし、通常の旅行でも長期滞在のリモートワークを兼ねる旅であっても、どんな旅行者にとってももっとも大切なのは、ペット同伴の旅です。

世界的にここ数ヶ月で最も検索された条件は、1)ペット可、2)プール、3)Wi-Fi、4)キッチン、5)無料駐車場でした。2019年の上位5つは、1)プール、2)Wi-Fi、3)キッチン、4)エアコン、5)ペット可、でしたが、ペット同伴可能なリスティングの検索は今では55%増加、Wi-Fi、キッチン、ペット可を含むリスティングの検索数はほぼ2倍(95%増加)です。

一方で長期滞在の旅行者の間でも、ペット可でWi-Fiが備わっていることは、ますます重要になっています。世界的に、ここ数か月の長期滞在を目的とした利用者の検索条件の上位は、1)Wi-Fi、2)ペット可、3)キッチン、4)洗濯機/乾燥機で、2019年の同時期に求められた条件上位の 1)キッチン、2)Wi-Fi、3)エアコン、4)洗濯機/乾燥機、5)ペット可から、変化が見られます。ペットを許可するリスティングの長期滞在検索は2倍以上(128%増)、ノートPCに適したワークスペースを備えたリスティングの長期滞在検索は73%増加、Wi-Fi完備かつペット同伴可の長期滞在できるリスティングの検索は、270%も増加しています。

旅行の現状

長期滞在、どこにでも住み、働くことに加えて、最近のデータを分析すると、現在旅行で見られている次の傾向が明らかになります。

米国に見る今後の需要

世界中の国々が渡航制限の条件を緩和し始めるにつれて、そうした国々への関心が急増しています。たとえば、歴史的に世界最大のインバウンド旅行市場である米国では、このようになっています(注3)。

  • 11月8日から米国への旅行者入国規制が緩和される発表が行われた10月15日の翌週では、予約日数は44%増加しました。
  • 今週の時点で、11月8日以降、米国の4,000カ所を超えるホストが海外からのインバウンドゲストを見込んでいます。
  • これらの旅行先で最も人気のある5つの目的地は、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、オーランド、南フロリダの大西洋岸です。
  • これらの旅行先に行く予定のゲストの出発地点トップ5は、ロンドン、パリ、サンティアゴ、トロント、バンクーバーです。

ロックダウンや渡航制限のために大切な人と離れ離れになった長い日々を過ごした今では、2019年と比較して休暇旅行への関心も高まっていることがわかります。

  • 今年9月末の時点で、米国では2019年の同時期よりも40%以上多くの感謝祭の週の予約がありました。
  • 12月の休日を前に、人々はより長期間の滞在をしていることも判明しています。休暇中に長期滞在を目的とした最近の予約日数は、2019年のこの時期と比較して世界で19%、米国で65%も増加しています。

そして、この強い需要は2022年まで続くと見ています。

  • 今年9月末の時点で、2019年の同時期よりも、12か月間滞在で50%以上予約日数が増えました。
  • 長期滞在は当社でも最も顕著に急成長しているカテゴリーであり、家族旅行は最も伸びている旅行形態です。
  • 当社が実施した5か国で7,500サンプルの調査では、旅行全体への関心が高く、3分の2以上(71%)が現在、来年中に旅行を予約または検討していると述べています。

国境を越えた旅行

最も最近の渡航制限解除に関する発表の前でも、長距離および国境を越えた旅行の両方で回復が見られました。

  • 2021年初頭から現在までの期間で、ゲストの利用が最も伸びたのは、自宅から3,000マイル(約4,800キロメートル)以上の旅行でした。
  • 全体として、国境を越えた旅行は、今年これまで予約された総宿泊日数の20%が第1四半期に、そして27%が第2四半期に、33%が第3四半期にと着実に増加しています。
  • 2021年10月の国境を越えた旅行の総宿泊日数は、2019年10月から80%以上のレベルに達しました。
  • パンデミック期間の大部分で、ほとんどの海外旅行が出来なかったにもかかわらず、Airbnbのさまざまなバックグラウンドを持つ人々の間のつながりと、国境を越えて旅行したいという願望が消えることはありませんでした。パンデミックが始まって以来、ホストとゲストは1,700通りの言語の組み合わせでやりとりを行っています。

(注1)2021年9月20-26日、Clearpath Strategies社調べ。豪州、フランス、メキシコ、イギリス及び米国で7,500人の成人を対象。許容誤差 +/-1.13.

(注2)特に注釈がない限り2021年9月30日現在のデータ、及び2019年と2021年の第三四半期の比較

(注3)2021年11月1日現在、今年10月15日以降に予約された11月8日以降チェックインの旅行


将来の見通しに関する記述:

このプレスリリースには、当社および当社の業界に関する記述であって重大なリスクと不確実性を伴う、米国1995年私的証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)の「セーフハーバー」条項(“safe harbor” provisions)で定義された「将来の見通しに関する記述」(forward-looking statements)が含まれています。将来の見通しに関する記述は、「かもしれない」、「するつもりである」、「ようである」、「はずである」、「期待する」、「計画する」、「予想する」、「することができる」、「見通す」、「意図する」、「目標とする」、「計画を立てる」、「企図する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性がある」、「継続する」等の用語またはこれらの用語の否定形、類義語もしくは類似表現であって当社の予測、戦略、計画または意図に関連するものを含むため、識別できる場合があります。このプレスリリースに含まれる、リモートワークに関する企業の予期される方針や人々の期待、旅行のトレンドに関する期待、ゲストの旅行に関する行動、旅行規制の解除による潜在的な影響、旅行のための国境の再開放による当社の事業全体およびホストへの影響、米国へのインバウンド旅行者の出発地および目的地、旅行需要、クロスボーダーの旅行のトレンド等に関する記述を含む、歴史的事実に関する記述以外のすべての記述は、将来の見通しに関する記述です。当社は、これらの将来の見通しに関する記述に反映された予測は合理的なものであると考えていますが、当社は、これらの予測が正しいと証明されることを一切保証するものではありません。

実際の結果が将来の見通しに関する記述から大きく異なることがある要因としては、以下のようなものがあります。

  • 当社の事業、旅行業界、および旅行のトレンドに対するCOVID-19パンデミックの影響
  • 全国のインバウンド旅行に関する方針と規制の変化
  • 旅行およびホスピタリティ業界の将来の変化もしくは混乱または景気後退、ならびに当社から米国証券取引委員会(the U.S. Securities and Exchange Commission)に対し2021年2月26日に提出されたフォーム10-Kの年次報告書およびその後に米国証券取引委員会に提出された全てのフォーム10-Qの四半期報告書における「リスク要因」、「経済状況および経営成績に関する経営協議および分析」および「将来の見通しに関する記述についての注意事項」において議論されているその他の要因

全ての将来の見通しに関する記述は、このプレスリリース日時点においてのみ述べられるものであり、このプレスリリース日時点における当社の考えおよび見解を反映したものです。当社は、法令で要求される場合を除き、このプレスリリースに含まれる情報を更新または改訂する義務を負うものではありません。